御幣川地区雨水排水計画

  近年のゲリラ的豪雨により道路が冠水したという話を聞くように成りました。大雨による道路が冠水は区内全域で発生するおそれがあります。こうした大雨による浸水等の災害を未然に防ぐ目的で、雨水を排除する為の専用水路の整備を要望しており、長野市との協議を進めています。
長野市に働きかけた結果、対策に立ち上がっていただけることになりました。都市排水対策委員会(委員長宮入光治)を設立し、第1回の委員会が平成24年5月20日に行われました。
区民の皆さまと共に水害に強い町造りを行ってまいります。

進捗状況(要約) 
測量開始  「雨水を排除専用水路」詳細設計のため現地測量を実施。
  測量期間:平成成25年11月1日から平成26年1月31日
 

平成成26年7月 雨水排除専用水路詳細設計(案)が完成し地元住民に説明会が開催され要望等の聞き取りを行った。
計画では多くの部分が道路の下(地下)に設置される。
水路は広い部分の断面積が「1.5メートル×1.6メートル」の規模になります。
  

いよいよ工事開始を待つばかりになりました。
 
御幣川区都市排水計画図はこちらをクリック
 

現在の雨水排水路⇒改良案はこちら
 
TOP